AGAの治療薬と一般の育毛剤にはどのような違いがあるか

髪の毛の状態が気になる時には、よく育毛剤が検討されます。
通販サイトなどを確認してみますと、育毛剤は色々と販売されているでしょう。
それでAGAの治療を検討している方々は、その育毛剤に関心を抱いている事も多いです。

しかし本格的にAGAの治療を受けるとなると、育毛剤というよりも、別のタイプの薬が処方される傾向があります。
その薬は、成分が特徴的なのです。

どういう事かと言うと、AGAに対して効果を発揮する薬には、フィナステリドが含まれています。
そもそも人間の体内には、DHTと呼ばれるホルモンが存在するのです。
正式名称はジヒドロテストステロンですが、たまに働きが活発化する事があります。
残念ながらそのホルモンが活発化してしまうと、抜け毛なども生じやすくなってしまいます。

ですがそのホルモンの働きは、上記のフィナステリドで抑制は可能です。
ですからAGAの薬の中には、フィナステリドが含まれている事も多々あります。

それだけではありません。ミノキシジルという成分も、AGAには大きく関わってきます。
そもそも髪の毛の根っこの部分では、盛んに細胞分裂が行われているのです。

それで髪の毛が順調に生育してくれるか否かは、その細胞の活発さ次第です。
その細胞がアクティブに活動してくれれば、髪の毛の生育状況も良くなる傾向はあります。

しかし一部の方々は、ちょっとその細胞の働きが弱いのです。
上記のミノキシジルという成分は、その細胞の活動を活発化してくれる働きがあります。
AGAの薬には、このミノキシジルが含まれている事も多いです。

ところで薬店などで販売されている育毛剤は、たいてい上記の成分が入っていません。
様々な規制の問題があり、その薬剤には使用できないのです。

ただ唯一、ある育毛剤に対してはミノキシジルは配合されています。
それ以外の市販の育毛剤には、上記の成分が含まれていないのです。

すなわち、その成分の有無が、通常の育毛剤とAGAの治療薬の大きな違いなのです。
考えてみればそれも当然で、AGAの治療薬は、主にホルモンに対して働きかける力があります。

それで薄毛の状況によっては、ホルモンがあまり関わっていない事もあるのです。
ホルモンが特に関連していない状態なのに、ミノキシジルなどを育毛剤に使用しても、あまり意味が無い事が多いです。

ですから市販の育毛剤には、フィナステリドなどは使用されていないのです。
結局は「使用成分」が、一般の育毛剤とAGAの治療薬の主たる違いと言えます。

関連記事:大阪のAGA治療「脇坂クリニック」について