大阪のAGA治療「脇坂クリニック」について

脱毛症という病気が在り、これは俗に言う抜け毛です。
俗称として禿げと言われており、精神的なストレスに因って脱毛が起こると、禿げになるとされています。

また、抜け毛では、男性型脱毛症(俗に言うAGA)というものがあります。
男性だけでなく、女性にも起こり得る症状とされており、この治療に関しては、基本的には社会保険の適用外とされています。

社会保険が対象外となるのは、自由診療による診療となります。
費用としては10万円以上掛かるようですが、自由診療は基本的にはクレジット決済の対象となっています。

AGA治療費としては、2万円以上~15万円程度となっているようです。
これは1ヶ月当たりの診療費となりますが、1ヶ月に6万円程度掛かる医院も在ります。

大阪市、東京23区といった大都市には、AGAの専門医院が点在しており、1ヶ月当たり2~15万円程度で診療が受けれるようになっています。

大阪市の場合、脇坂クリニック(医療法人・翠奏会ー脇坂クリニック大阪、所在地は大阪市北区梅田3丁目界隈)がAGA治療の専門病院として、男性だけでなく女性の薄毛の対応も行っています。参考:AGA治療 大阪

同院は、関西地区では咲いたの臨床数を誇っており、1ヶ月間で4千人以上の患者と接している猛者的な医院となっています。

脇坂クリニックのAGA治療の費用や店舗情報

脇坂クリニックでは、治療を希望する人に対して、初回に無料相談を行っています。

各線大阪駅から徒歩圏内に立地されており、阪神高速道路沿いに在ります。当該医院では、自社サイトが完備されており、診療費等が明記されています。

相談に関しては予約制となっていますが、自社サイト上からオンライン予約をする事ができるようになっています。

脇坂クリニックでは、診察費は5千円となっており、薬剤代として1万円程度掛かるとされています。

薬剤は、薬剤師あるいは医師等からの説明を十分に受けなければ、服用してはいけないので注意が必要です。また、遺伝子検査を行っており、2万円程度の費用が掛かります。

発毛治療も行っており、診療費は初心で5千円、再診料では3万円程度掛かるとされています。別途、検査費として5千円掛かるとされています。

費用に関しては、これらは全て消費税別で表記されています。実際に幾ら位掛かるかは、自分で電卓で計算をして見なければ判らない事が少なくありません。

脇坂クリニックは、週初めの月曜及び火曜は休診日となっています。
水曜~日曜の運営となっており、11~18時迄が基本的な運営時間となっています。
ただ、運営時間は水曜は14~18時、木及び金は11~18時、土曜は10~19時、日曜は10~18時となっています。

また、水曜日は再診を行っていないので、注意が必要となります。「再診は行っていません」は、白背景で赤文字で設定されています。

脇坂クリニックの自社サイトは白が基調ないし背景色に設定されており、信頼感を象徴する青(青紫系の青系色彩)が多用されています。
また、無料相談の部位がサイト上に表記されており、これらの部位は黄赤系の色彩でデザインされています。

AGAの治療薬と一般の育毛剤にはどのような違いがあるか

髪の毛の状態が気になる時には、よく育毛剤が検討されます。
通販サイトなどを確認してみますと、育毛剤は色々と販売されているでしょう。
それでAGAの治療を検討している方々は、その育毛剤に関心を抱いている事も多いです。

しかし本格的にAGAの治療を受けるとなると、育毛剤というよりも、別のタイプの薬が処方される傾向があります。
その薬は、成分が特徴的なのです。

どういう事かと言うと、AGAに対して効果を発揮する薬には、フィナステリドが含まれています。
そもそも人間の体内には、DHTと呼ばれるホルモンが存在するのです。
正式名称はジヒドロテストステロンですが、たまに働きが活発化する事があります。
残念ながらそのホルモンが活発化してしまうと、抜け毛なども生じやすくなってしまいます。

ですがそのホルモンの働きは、上記のフィナステリドで抑制は可能です。
ですからAGAの薬の中には、フィナステリドが含まれている事も多々あります。

それだけではありません。ミノキシジルという成分も、AGAには大きく関わってきます。
そもそも髪の毛の根っこの部分では、盛んに細胞分裂が行われているのです。

それで髪の毛が順調に生育してくれるか否かは、その細胞の活発さ次第です。
その細胞がアクティブに活動してくれれば、髪の毛の生育状況も良くなる傾向はあります。

しかし一部の方々は、ちょっとその細胞の働きが弱いのです。
上記のミノキシジルという成分は、その細胞の活動を活発化してくれる働きがあります。
AGAの薬には、このミノキシジルが含まれている事も多いです。

ところで薬店などで販売されている育毛剤は、たいてい上記の成分が入っていません。
様々な規制の問題があり、その薬剤には使用できないのです。

ただ唯一、ある育毛剤に対してはミノキシジルは配合されています。
それ以外の市販の育毛剤には、上記の成分が含まれていないのです。

すなわち、その成分の有無が、通常の育毛剤とAGAの治療薬の大きな違いなのです。
考えてみればそれも当然で、AGAの治療薬は、主にホルモンに対して働きかける力があります。

それで薄毛の状況によっては、ホルモンがあまり関わっていない事もあるのです。
ホルモンが特に関連していない状態なのに、ミノキシジルなどを育毛剤に使用しても、あまり意味が無い事が多いです。

ですから市販の育毛剤には、フィナステリドなどは使用されていないのです。
結局は「使用成分」が、一般の育毛剤とAGAの治療薬の主たる違いと言えます。

関連記事:大阪のAGA治療「脇坂クリニック」について

東京のおすすめのAGA治療クリニック

禿げ頭が目立つ、男性型脱毛症(AGA)は男性にとっては悩みの種になります。特に、美男性とされる人の場合、AGAの症状が在るときは深刻な悩みとなります。

脱毛症の治療についてですが、これは基本的には社会保険の適用外となります。社会保険とは、例として、1万円の診療となる場合に国等が発行する保険証を提示すると3千円程度で済むという、国等による政策等です。

脱毛症の治療に関しては、当該医院では差し歯治療や美容整形といったような、診療費を自由に設定する事が可能となっています。
1ヶ月当たりの治療費ですが、6~15万円程掛かるのが相場となっているようです。

ただ、初回の相談料は無料とされていたり、自社サイト等で24時間体制で相談や診療の予約ができるようになっています。
診療費に関しては、分納対応が可能となっていたり、クレジット決済の対応が可能となっていることが多いです。

日本の経済及び文化の中心地でもある東京は、AGA治療専門医院の激戦区としても知られています。
ただ、激戦区でも、質の高い当該医院が幾つか在ります。
大阪のAGAクリニックはこちら

東京のAGA治療クリニック2選

東京には、銀座総合美容クリニック、美容外科トムクリニック、が特に推薦できるようです。
銀座総合美容クリニックは、JR新橋駅東口の駅近くに在ります。

正確に言うと駅の北側であり、水曜日以外は診療を行っています。
診療時間は月、火、木、金、土は11~20時迄となります。日曜及び祝祭日の場合は11~19時迄の運営となっています。
自社サイトが完備されており、フリーコールが明記されています。

銀座総合美容クリニックでは、初回相談は無料となっています。
薬剤代として1ヶ月当たり7~2万円程度掛かります。また、初回の診察費は3千円程度となりますが、再診では無料となります。

血液検査を実施しており、これについては5千円程度となります。
また、育毛シャンプーが有り、必要性が在ると判断された際に使用されることになります。
使用料は4千円位となっています。
立地場所ですが、銀座から割と近いので、この院名は相応しいようです。

美容外科トムクリニックは、JR新橋駅の西側に在ります。
道案内が自社サイト上で紹介されており、サイト上では写真付で説明されています。

一つ目の医院と同様、サイト上にフリーコールが明記されています。
治療費用が明記されており、治療薬や電気導入の治療については1ヶ月当たり3万円掛かり、半年間の治療期間を要します。

初診料として3千円掛かり、血液検査として5千円掛かります。
内服薬を処方される事になっており、内服薬は1ヶ月当たり6~4万円程度となっています。
シャンプーが出される事がありますが、これについては1本で7千円弱となっています。

医院内で、再生注入療法が行われており、1回当たり6万円掛かることになっています。
再生促進が行われる事があり、これに関する費用は5万円程度となっています。

トムクリニックでは、医療分割が適用されます。
1ヶ月当たり3千円以上から適用されており、口座振替のために必要な金融機関の通帳を持参することが必要となります。

銀座総合美容クリニック及びトムクリニックの自社サイトですが、前者は、明るい灰色が主調色でベースは白となっています。
また、銀座総合美容クリニックでは、強調色にやや深みが在る赤が下段に、黒が上段にデザインされています。

また、黒の部位には当該医院の文字が白で設定されています。黒は高級感が漂っており、銀座らしさが感じられます。
トムクリニックの自社サイトでは、白が基調となっています。

「女性向けの治療について」の部位が在りますが、これはピンク系の色彩でデザインされています。
重要な部位は、人目を惹きつけ易い赤文字で設定されており、フリーコールの文字は大きめに設定されています。
他には、オンライン予約の部位が在り、これについては割と深みが感じられる黄みの緑色で設定されています。

クリニックによるAGAの治療費は具体的に何円程度になるのか

AGAで悩んでいる男性の方々は、とても多いです。その症状を改善したい時には、クリニックによる治療が検討される事もあるでしょう。現にクリニックによる治療で、状態が良くなる事は確かにあります。

ただしクリニックによる治療を受ける場合は、費用が気になってしまう事もあるでしょう。では具体的に何円程度払う事になるかと言うと、クリニック次第と言えます。薬の料金にしても、クリニックによって異なるからです。

AGAの症状を改善する為に、クリニックからは飲み薬を処方される事になります。体内のホルモンの調整などをする必要はありますから、薬が出されるケースが殆どです。

ただその薬の価格も、クリニックによって数字が違う訳です。と言うのも、次のような数字があります。
4,200円と6,500円と7,500円と9,000円です。この4つの料金が何を示すかというと、あるAGAクリニックから処方される薬の値段です。
完全にランダムに、4つのクリニックを抽出したものになります。

ご覧の通り、クリニックによって数字が異なっている訳です。実に2倍以上の差が生じている事が分かります。
それと、注射の差額もかなり大きいです。やはりAGA治療の為に、注射される事はありますが、それもクリニックによって違います。

一番安ければ、注射料金が1万円台になる事はあります。しかし高ければ、4万円台です。
それと、AGAの状況にも左右されます。やや複雑な状況の時には、注射の料金が10万円台になる事もあるからです。
ですから注射の費用がどれ位になるかは、ケースバイケースと言えるでしょう。

それと、ジェネリックも費用に関わってきます。そもそもAGAで処方される薬によっては、後発のタイプもあるのです。
その薬剤の場合は、通常と比べれば半額以下で処方してもらえる事もあります。場合によっては、3,000円台で処方される事もあるのです。

しかしジェネリックが適用されるか否かは、やはり患者の個々の状況によって異なります。
症状によっては、ジェネリック以外の薬が処方される事もあるからです。

それと、病院の専門性にも左右されます。
いわゆるAGAの専門病院の場合は、料金は若干高めです。月額は1万円台半ばから2万円台になる傾向があります。

上記のような状況ですから、結局はAGAの料金がどれ位になるかは、それこそ状況次第と言えます。
数万円台で済む事もあれば、10万円以上になる事もあり、個々の状況によって数字が変わってくる事だけは間違いありません。

参考:大阪のAGA治療「脇坂クリニック」について